青い瞬間と青い風景

シンヤくん

坂手から三都まで自転車で行ってたんですよ。と語るシンヤくん。
実際に小豆島に滞在すると、その距離に驚く。
誰も自転車で行こうとは思わないくらいの長い距離だからだ。
若いからできたんすけどね。と嬉しそうに話してくれる。
海を左手に永遠とママチャリを漕ぎ続ける。友達と一緒にケラケラと笑いながら海を越え、山を越え、風を切り、汗だくで。
よくこの海で潜っていた。ごつごつとした岩場と貝殻が多いから遊びにいく場所ではない。でも、理解を超えた大変さや危なかっしい時間は、あのとき、その瞬間にしかないものなのだ。誰にだってそういう時間は大切な何かを残してくれる。その大切な何かは大人になってじんわりと体に染み渡っていることに気付く。

岬の分教場

LL: 34.43110 / 134.24706

  • 青い瞬間と青い風景

地図 MAP